対象疾患と治療

虚血性心疾患

心臓は血液ポンプの役割の臓器で、左右にそれぞれ心房、心室とよばれる合計4つの部屋に分かれています。このうちメインポンプの役割を果たしているのが左心室で、部屋のまわりを取り囲んでいる心筋と呼ばれる筋肉が収縮することにより、1分間でおよそ5リットルの血液を、大動脈に送り出しています。このように心臓は全身の臓器に血液を送ることで酸素や栄養を届けているのですが、心臓自身も絶えず筋肉が動いている臓器であり、血液をもらわなければ機能を果たすことができません。そこで左心室から一旦大動脈へ送られた血液の一部は、大動脈に出てすぐに冠動脈と呼ばれる血管に分かれて心臓に戻り、心筋を栄養しています。冠動脈は左冠動脈と右冠動脈の2本があり、左冠動脈はさらに左前下行枝と回旋枝の2本にわかれ、右冠動脈は心臓の下面、左前下行枝は前面、回旋枝は後面といったように3本の冠動脈で心臓全体を栄養しています。

しかしながらこの冠動脈の血流が低下する病気があり、虚血性心疾患とよびます。虚血とは心筋に必要な酸素が十分供給されなくなることで、虚血性心疾患では胸が痛い・締め付けられる・圧迫されるなどの症状や、心筋が虚血にさらされることによっておこる心不全、不整脈、といった様々な心臓の問題を起こすことがあります。虚血性心疾患は一般的には何らかの胸部症状を伴うことが多いのですが、中には全く症状のない方もいて、無症候性心筋虚血と呼びます。虚血性心疾患の中には一定の運動などにより虚血発作が起こるが症状が安定している労作性狭心症のように、直ちに生命の危険には直結せず外来で診療可能な場合もありますが、これまでなかった虚血発作が新たに起こるようになったり、安定していた虚血発作が短期間に悪化したり、普段の虚血発作の症状がすぐに治らずに持続したり、安静時に突然虚血発作を起こすような場合には、不安定狭心症や心筋梗塞の可能性があり、命の危険もありうることから救急対応が必要になります。

当院ではこうした心臓救急に関しては虚血性心疾患にかかわらず24時間365日体制で対応しておりますので、電話でお問い合わせいただくか119番通報して救急隊員から連絡いただければ適切に対応いたします。



検 査

虚血性心疾患が疑われ、症状の安定しており緊急性が低い場合には以下のような検査を行います。


運動負荷心電図検査

心臓に運動負荷をかけた状態で心電図を記録する検査です。負荷時の心電図変化や自覚症状などから総合的に虚血の有無を調べます。

核医学検査

運動負荷時にアイソトープと呼ばれる放射性物質で標識した薬剤を投与し、心筋への薬剤の到達具合を画像化し心筋虚血を調べます。運動負荷による虚血の有無だけではなく、冠動脈のどの領域に虚血があるかといった虚血の範囲や程度を評価することができます。運動負荷に適さない場合には薬物により同様の負荷をかける方法もあります。検査薬の値段がすこし高く、3割負担の方で2-3万円の費用負担が必要です。

冠動脈CT検査

造影剤を投与してCTスキャンを行うことで、冠動脈の狭窄の有無、動脈硬化の程度などを調べる方法です。心臓は絶えず動いている臓器ですが、心電図でタイミングを合わせてCT撮影を行うことでブレのない画像を得ることができます。当院では320列のマルチスライスCTが導入されており、高画質の画像を撮影することができます。また、CT検査は直接虚血を評価するのではなく冠動脈の形態的な特徴を評価する検査であり、当院では他の虚血を評価する検査と組み合わせて病態を総合的に評価して治療方針を決定しております。

冠動脈造影

他の検査で虚血性心疾患が疑われた場合、さらに詳しく調べて今後の治療方針を決定するために行う検査です。カテーテルと呼ばれる細い管を冠動脈の挿入し、直接造影剤を冠動脈に流して撮影を行う方法です。冠動脈の形態的な特徴が最も詳しくわかる検査法であり、病態によっては圧センサーのついたカテーテルを挿入し虚血の有無を最も精度良く評価したり、安静時に冠動脈がけいれんしておこる冠攣縮性狭心症の誘発検査などを追加して行い、正確な疾患の評価と治療方針の決定に役立てています。当院では2-3日の入院で検査を行っております。



治 療

虚血性心疾患治療の基本は薬物治療です。虚血を改善するための薬剤(冠拡張薬、ベータ遮断薬)、心筋梗塞やステント閉塞予防目的の抗血栓薬(血液をサラサラにする薬)、動脈硬化の進行に強い影響がある悪玉コレステロールを低下させる薬などを処方いたします。
薬をのんでも症状の改善が不十分であったり、心臓の機能が十分でない、虚血範囲や程度が重症な場合など、薬物療法では不十分な場合には、不十分な心筋への血流を回復する血行再建術を行います。主に内科で行うカテーテル治療と、外科で行うバイパス手術があります。

カテーテル治療

動脈硬化によって狭窄または閉塞した血管を広げて血流を回復させる治療法です。バルーンと呼ばれる風船で狭窄を拡張し、多くの場合ステントと呼ばれる金属性の指示器具を血管に留置します。当院では冠動脈の大きさや動脈硬化の程度を血管内超音波や近赤外線を用いた血管内イメージングというカテーテル上の画像診断装置を積極的に使用して、最適な結果を得るよう努めております。血管に骨と同じカルシウムが沈着して非常に硬くなる石灰化病変の患者様には、ロータブレーターと呼ばれるドリル上のカテーテルを使用することで、通常のバルーンでは十分な拡張が得られない病変に対しても良好な結果が提供できるようにしております。当院では原則として手首からカテーテルを挿入してカテーテル治療を行っており、順調ですと3日で退院可能ですが、治療方法や経過については患者様ごとに異なりますので担当医にお尋ねください。

バイパス手術

カテーテル治療が冠動脈動脈硬化病変の局所治療なのに対して、動脈硬化に侵された血管に他の血管を吻合して血流を回復する治療がバイパス手術です。冠動脈の動脈硬化病変が多発するなど重症な方、左前下行枝と回旋枝の枝分かれ部分の病変、弁膜症など他の心臓疾患を合併している方はバイパス手術のメリットが大きいといわれています。実際にはカテーテル治療とバイパス手術のどちらを選択するかに関しては様々な要因を考慮する必要がありますが、当院では内科と外科とで合同でカンファレンスを開催して虚血性心疾患患者様の治療方針について多方面から検討を行っています。



冠動脈バイパス術