〒232-0024
神奈川県横浜市南区浦舟町4丁目57番地
TEL|045-261-5656(代表)
ごあいさつ 心臓血管センター内科 心臓血管センター外科 院内他施設
急患等のご紹介、お問い合わせ、ご相談は、 こちらをクリックしてください。
心臓血管センター外科

麻 酔 科


麻酔科

麻酔科医は手術中の麻酔と全身管理を担当しています。麻酔科医の役割は、意識をなくし、痛みを感じさせなくして、患者様にとって快適な状態をつくること、手術がしやすいように身体を動かなくすること、有害な反射を抑えるといったことです。全身管理を適切に行うために、手術前に病棟を訪問し、問診・診察をして手術中の麻酔の計画を立てます。心臓大血管手術の麻酔管理では、他の手術と比較して、よりきめ細かい循環の管理が必要とされ、心臓麻酔を専門とする麻酔科医が担当します。麻酔科医は常に患者様のそばにいて、多くのモニタリングをしながら、薬剤や輸液の調節をして、安全に手術ができるように日々努力をしております。

近年の心臓血管手術の進歩には目ざましいものが有りますが、その安全性は調節性の高い麻酔薬の使用、手術中の各種モニタリングの進歩が大きく貢献しております。特に術中経食道超音波診断といって、食道からプロープを挿入して超音波を用いてリアルタイムに心臓の病態を評価しており、適切な手術を行う上で重要なモニターになっております。

急性大動脈解離など一刻を争う超緊急手術があります。麻酔科医は当直体制を組み、このような超緊急手術においても日々心臓大血管手術に慣れた専門の麻酔科医が担当することで、良好な麻酔管理を行っております。


□[治療の流れ] に 戻 る □